1. サイバーエンジニアリングTOP
  2. サイバーヒストリー
  3. [2012.10.21] スーパー耐久2012 Round.5(鈴鹿サーキット)決勝

[2012.10.21] スーパー耐久2012 Round.5(鈴鹿サーキット)決勝

2012年10月24日 更新

鈴鹿サーキットで行われたスーパー耐久第5戦のレポート


第1レース


好天の下、49台のマシンが一斉にコース上へ流れ込み、グリッドに並んだマシンは 最終コーナーに掛かるまで並んだ。予選5位の#31 C-WEST Cyber Evoはローリングスタートの直後近隣の同クラス車両と 1コーナーへ飛び込み、終始安定した走りを見せた。 まだまだ、車両重量にハンデのあるエボⅩだが、今回からタービンの換装がOKとなったインプレッサ軍団に予選でもタイム負けを喫している。悔しいかな、車体重量はコーナーで悪影響を与えとても苦しい条件下の中 戦っていた。そして、9周目に他クラスのマシンからオイルが漏れ、それに乗ってしまった車両が 1コーナーでコースアウト。ハイスピードでのコースアウトの為、車両損傷が酷く赤旗となる。コース上に残っている車両は決められたコース上で停車、ピットインした車両は触ることもできず、赤旗解除を待つレギュレーションだ。

#31 C-WEST Cyber Evo ADVAN CZ4Aはコース上で停車しており、時間は刻々と過ぎて行きながら コースアウトした車両のドライバー救出、回収、そしてコース上のオイル除去を見守り再スタートを待った。

しかし、その赤旗は解除されることがなかった。この時点で代レースは終了となり、そのグリッドが順位ポジションとなった。 結果、#31 C-WEST Cyber Evo ADVAN CZ4Aは4位。やはりエボⅨはまだトップに君臨。そして、予選の通り今回よりタービンを換装されたインプレッサが2位、3位に入った。

第2レース


第1レース終了後、表彰式は中止となり、ピットウォークを挟んで約1時間半後に第2レースが開始。トップドライバーは第1レースと同様に青木選手からスタート。1時間のレースで一人のドライバーが運転できる時間は最大40分まで。

そして、難関は義務付けされているドライバーとタイヤ4本の交換。WTCCとピットを分けあった為、全S耐チームはピットを縦に2台並べるレイアウトでこれに挑むしかなく、レーススタートから20分~40分までの20分間はどのピットでも大混雑。しかし、#31 C-WEST Cyber Evo ADVAN CZ4Aはトラブルもなく順調にルーティン作業を終え、再度コースイン。その後、1台のインプレッサを抜き去るがエボⅨにやられ、4位にてフィニッシュ。

表彰台には上がれなかったが、データも取れて対策メニューも見出しまた次に繋げるデータを獲得した。前回の岡山戦、そして自チームでのテスト走行を重ね、今回の鈴鹿戦を消化し Cyber Engineering製鍛造ピストン、コンロッドの耐久性も 実証され、本格的にレース車両へ採用できる信頼度を得た。更にAYC(アクティブヨーレートコントロール)のセットアップをし今後テストを繰り返していきます。コーナリングスピードを向上させ、クラス上位を狙えるマシンにアップグレード していきます。

今後もご期待ください。












[2012.10.20]スーパー耐久2012 Round.5(鈴鹿サーキット) 予選

2012年10月24日 更新

波乱のあった予選も何とか消化


波乱のあった予選も何とか消化



これまで通り、予選は2グループに分かれドライの天候でスタート。Aドライバーを担う青木選手は前日までのセットアップにも携わり現段階で車両がもつポテンシャルを十分に引き出し、2’19.399で終了。

Bドライバー山田選手は順調にタイムを出しに攻めていたが、前方を走っていた車両がブラインドとなるコーナー上でスピンし、再スタートの為、動き出したところに出くわし、回避するためにコースアウト。

幸い、懸架装置等にも支障がないが外装パーツと各部チェックのためそれまでにアタックしたタイム2’19.730で終了。ピットインしたマシンは約30分後の走行枠に向けて修復し無事、Cドライバーの走行を消化した。A+Bの合計タイム4’39.118で順位は5位となる。










[2012.10.19]スーパー耐久2012 Round.5(鈴鹿サーキット) 専有走行

2012年10月24日 更新

C-west Cyber EVO(サイバーエボ) ADVAN CZ4Aの予選・決勝へ向けてセットアップ出し!


予選&決勝へ向けてのセットアップ

C-WEST Cyber EVO(サイバーエボ) ADVAN木曜日までは台風の影響で雨天であったが、金曜日からのエントラント向けに用意された練習走行枠ではドライでの走行が可能となり、前回の岡山戦から約 2ヶ月のインターバルを経て、各チームは練習走行を開始。今回の第5戦鈴鹿ではWTCCとの併催でもあり、スポット参戦チームも多くピット内はチームの大所帯となった。

その中、特にクラス分けがされていない練習走行はほぼ決勝レースさながらに繰り広げられ、各車セットアップに専念していた。#31 C-WEST Cyber Evo ADVAN CZ4Aは岡山での雪辱戦を果たすため、ハード、ソフトの両面を更に改善、向上し今回の鈴鹿に挑みました。1時間×3本を用意されたSTELでの専有走行では、新たにセットアップした 各部のチェックを徹底的に調査。徐々にその効果は得られ、安定した走りがタイムに表れて、翌日の予選に向けた。