1. サイバーエンジニアリングTOP
  2. サイバー車両紹介
  3. サイバーエボ WTAC2012仕様(Cyber Evo)

Cyber 86/BRZ スポーツサスペンションシステム(SPORTS SUSPENTION SYSTEM)

Cyber Evo WTAC 2012参戦車両


WTAC優勝記録

2011年 優勝 イースタンクリーク
TIME : 1:28.85
2010年 優勝 イースタンクリーク
TIME : 1:30.58

チーム体制(スポンサー/供給メーカー)

チームディレクター C-WEST 尾本氏
チーフエンジニア CYBER 滝沢氏
チームアドバイザー GLOBAL AUTO 安居氏
チームマネージャー SAN-AI 相模氏
ドライバー ターザン山田氏
メンテナンス GTC
スポンサー GLOBAL AUTO
スポンサー GTNET
ホイール AME
デフ ATS&ACROSS
シート BRIDE
エアロパーツ C-WEST
ブレーキ系 DIXCEL
オイル ELF
エンジン
マネージメントシステム
HALTECH
ラジエーター
オイルクーラー
インタークーラー
KOYORAD
クラッチ OGURA CLUTCH
ミッション PPG
エンジン組立 RISING
過給機 SAN-AI
サス、ダンパー STANCE
表面加工 WPC
タイヤ YOKOHAMA(ADVAN)

Cyber EVO(サイバーエボ)マシン紹介

筑波サーキットコース2000のタイムアタックで一躍有名になっ たCyber Evo(サイバーエボ)。サイバーエボ5からプロジェクト はスタートして、エボ7、そしてエボ9へとマシンもスイッチされ てきました。それぞれのモデルにおいて、筑波サーキットで TOPタイムを記録。そのニュースは世界へも発信され、サイ バーエボは海外でも有名になりました。 2010年からはタイムアタックの場所を世界へと移し、毎年8月 に開催されるWTAC(ワールドタイムアタックチャレンジ)に挑 戦してきました。日本で最速の座を手にしたサイバーエボは、 その速さを世界でも発揮させ、2010年、2011年と2年連続で WTACのチャンピオンに輝きました。 そして、2012年もサイバーエボの挑戦は続き、新たにエアロ ダイナミクスのパートナーとして、エボ7まで共に戦ってきたCWEST とタッグを組み挑戦します。サイバーエボ2012仕様は、 C-WEST製のWTACオリジナルエアロによって大幅なダウン フォースを稼ぎ出し、WTAC2012のチャンピオンへ向けて走り 出しています。 また、エアロのみならず、エンジン・ターボチャージャー・足回 り・ブレーキなど各パーツをサイバーエボ専用に開発を行い、 3年連続チャンピオンに挑戦します。